離婚方法

離婚は、夫婦双方が離婚することに同意して離婚する方法と、家庭裁判所など公的機関が仲裁して離婚をする方法があります。
離婚する時には、お互いの考え方や、お金や子供など多くの問題が発生していることも考えられ、結婚する時とは違い多くの問題を含んでいます。
夫婦当事者の話し合いだけでは、話が進まなかったり、まとまらないということもよくあるため、私たち弁護士が介入して、裁判で争うこともあります。

離婚には、大きく分けて協議離婚調停離婚裁判離婚の3つの方法があります。

まずは、夫婦同士で話をして離婚をすることになったら、離婚届に記入・捺印をして役所に提出、離婚届が受理されると協議離婚が成立します。
しかし、夫婦で話をしても解決することが出来なかった場合、調停離婚、それでも解決できない場合は裁判離婚と方法が変わっていきます。
順に裁判に移動をしていくため、いきなり裁判を起こすことはできません。

それでは、それぞれの離婚方法に関してみてみましょう。

協議離婚離婚調停裁判離婚

法律相談はこちらから

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ホームページからのご相談お申し込み・お問い合わせ

下記項目にご記入いただき、「送信」ボタンを押してください。
※メールでの法律相談には応じられません。

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス (必須)
連絡方法 (必須)
 電話 メール
通話可能な時間帯
の間
※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時
第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容

 内容をご確認の上チェックを入れてください

内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信ボタンを押してください。