離婚の問題が頭をよぎったら

あなたは、離婚問題でお悩みですか?
せっかく一度夫婦になったのだから、別れないで共に歩んでいく道が見つかる事に越したことはありません。
しかし、様々な原因で、離婚ということを考えなければいけない事もあるうると思います。
そんな状況から一歩踏み出して、冷静に分析して今後の人生について考えてみませんか?

離婚問題にお悩みですか?

離婚をせずに、何とか友人などに相談する事で解決するのであればいいのですが、離婚にはお金に問題(慰謝料・財産分与・養育費)の問題や子供がいる家族では子供の問題(親権・親権者面接交渉権・戸籍)など複雑な問題も出てくる事もよくあります。
そういった時、少しでもスムーズに円満に離婚するためには、専門家のアドバイスを聞く事をお勧めいたします。弁護士に相談していくことで、いままで見えなかった事が見え、解決の糸口を見つけることが出来るかもしれません。

離婚の現状

離婚を考えた時、お互いの気持ちの中に「愛情」がなくなってきてしまったという感情から離婚を考えるタイミングになっている事もあると思います。しかし、お互い愛情がなくなったからといって簡単に離婚できるというものではありません。近年の離婚人口の推移をみてみましょう。

離婚に関するの統計グラフ

現在は、ピーク時に比べて離婚の人口が減少傾向にはありますが、まだ毎年25万件以上の離婚が発生しているのも事実です。
このように統計として出ている以外にも、まだ離婚はしていないが、離婚問題に直面していつも悩んでいるといった方はもっと多いため、やはり専門家に問い合わせをして、有益なアドバイスを得てはいかがでしょうか?

事務所スタッフ
私たちスタッフ一同
丁寧な対応を心掛けています。

離婚のときに考えなければいけない事

先ほども軽く述べていますが、離婚問題が発生するかしないか考えた時、合わせて子供がいる人は子供の事や当然お金の事を考えなければいけません。
お金の問題では、「慰謝料」や「財産分与」といった問題が出て来ます。子供の問題では、「親権」や「養育費」といった問題を考えなければいけません。

お金の問題(慰謝料)

お金の問題でイメージしやすいものは、「慰謝料」ではないでしょうか?
「慰謝料」について、簡単に述べると離婚の場合、離婚が原因となった不貞行為などにより、精神的苦痛(損害)を受けた側が、起こした側に対して精神的な苦痛の損害賠償金というものになります。

慰謝料についての詳細

子供の問題(教育費・親権)

子供の問題でイメージしやすいものとしては「養育費」「親権」があげられるのではないでしょうか?
親権に関しては基本線としては父母の協議によって決めます。
※親権の記載がないと離婚届を提出する事ができません。
しかし、調停離婚や裁判離婚等になった場合、調停や審判によって決定されます。

親権についての詳細

法律相談はこちらから

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ホームページからのご相談お申し込み・お問い合わせ

下記項目にご記入いただき、「送信」ボタンを押してください。
※メールでの法律相談には応じられません。

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス (必須)
連絡方法 (必須)
 電話 メール
通話可能な時間帯
の間
※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時
第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
相談内容

内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信ボタンを押してください。