親権者面接交渉権

面会交流権(面接交渉権)とは、離婚して親権者あるいは監護者とならなかったために未成年の子供と別れて暮らすことになった父親、または母親がその子供に対して面接をして交渉する事を認める権利となります。

この「交渉」というものは、イメージとして子供と一緒に食事をしたり、旅行したりということをする感じとお考え頂ければと思います。

このように面会交流権(面接交渉権)とは、事前に感情に基づいた親としての子供への権利として認められているものです。

しかし子供に会うといってもすべての方が会う事で出来るわけではありません。
例えばアルコール依存症であったり、暴力をふるったりといった状況を打開するために離婚した場合は、子供を救うということで離れたとされ、面接交渉は認められません。

面会交流権(面接交渉権)

また思春期の子供は、離れて暮らしている親に会ってしまう事で精神的に動揺してしまう可能性があると考えられた場面でも認められることは難しいです。

法律相談はこちらから

⇒お電話で相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

ホームページからのご相談お申し込み・お問い合わせ

下記項目にご記入いただき、「送信」ボタンを押してください。
※メールでの法律相談には応じられません。

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス (必須)
連絡方法 (必須)
電話メール
通話可能な時間帯
の間
※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時
第1希望:午前午後
第2希望:午前午後
第3希望:午前午後
相談内容

 内容をご確認の上チェックを入れてください

内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信ボタンを押してください。

このフィールドは空のままにしてください。